創価大・秋元、直球と制球力で歴史の扉開く

2016年2月8日15時0分  スポーツ報知

 今秋ドラフトの超目玉といえば創価大・田中正義投手(3年)。最速156キロ右腕は、史上初の12球団競合の可能性も十分あり得る逸材だ。実はそのチームメートには、最速151キロを誇る池田隆英投手(3年)、制球力抜群の秋元秀明投手(3年)というドラフト候補右腕もいる。同校初の大学日本一を目指す今年、投手王国は台風の目。東京新大学リーグには手ごわいライバルもいるが、絶対的エースに続く“正義のミカタ”はダテじゃない。(取材・構成 坂本 達洋)

 秋元は入学直後の1年春、いきなりリーグ戦で開幕投手に抜てきされた。「その時も147キロくらい出ていましたが、まさかと思った。思い切りやる中で楽しめて、自信になった」。期待に応えて白星をつかみ、春は主にカード初戦を任されて4勝を挙げた。1年時の田中は、右肩の違和感によって公式戦登板はなし。その一方で秋元は、角度のある直球と制球力で頭角を現した。

 衝撃的な再会だった。三浦学苑高を卒業し、創価大に入学すると、身長180センチ超と大柄な田中を見つけて思わず声を上げた。「あっちも覚えていた。高校の練習試合で、ピッチャー返しを頭に食らったことがあるんです。打球が速くてよけられず、右中間を割っていった」。即降板も幸い大事には至らなかったが、不思議な縁に導かれ、エースを争う好敵手となっていた。

 昨年は2月のキャンプ中に投げ込みで右肘を痛めた。秋の実戦復帰を目指して回復に努める間、田中は3年の春秋リーグ戦で計12勝と絶対的エースに上り詰めた。「今ではライバルというか、憧れですかね。『ああなりたい』ってなってます。無理に比べようとは思わなくなった」。だが今年に懸ける覚悟は、決して負けない。心を一つにした“3本の矢”。力を合わせて、歴史の扉を開く。

 ◆秋元 秀明(あきもと・ひであき)1994年10月17日、神奈川・横須賀市生まれ。21歳。小学1年から野球を始め、鴨居中時代は横浜ベイボーイズで主に投手と遊撃手。三浦学苑高では1年春からベンチ入りし、1年秋から本格的に投手へ。3年夏の神奈川大会は3回戦で敗れ、甲子園出場はなし。最速147キロで決め球のフォークのほか、スライダー、カーブを操る。186センチ、95キロ。右投右打。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)