ヤマハが今季初オープン戦 ドラフト候補・鈴木博が152キロをマーク

2017年2月26日19時33分  スポーツ報知
  • 今季初のオープン戦で好投したヤマハ・鈴木博

 ◆社会人野球オープン戦 ヤマハ4―2JR東日本(26日・静岡県営草薙球場)

 昨秋の社会人野球日本選手権で優勝したヤマハが、今季初のオープン戦を行った。MAX154キロを誇り、今秋のドラフト上位候補に挙げられる大型右腕・鈴木博志(19、磐田東高出)が8回から登板。2イニングを2安打無失点に抑え、速球は152キロを記録した。

 スピードよりも内容が満足だった。8回1死一塁では狙い通りに内野ゴロを打たせて併殺に仕留めると、9回2死一塁ではクイックモーションで投げ、捕手が盗塁を刺すのを助けた。「狙ったコースにしっかりと投げられました」と鈴木は笑顔で話した。

 ネット裏には複数の球団のスカウトが視察に訪れていたが、「欲を出さず、自分のやることに集中して投げました」。3月の誕生日でようやく20歳。まだまだ成長しそうだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)