学生野球憲章に法令遵守が加わる改正、資格回復規則も変更

2017年2月27日17時17分  スポーツ報知

 日本学生野球協会は27日、都内で評議員会を行い、日本学生野球憲章の改正などを承認した。

 学生野球資格回復に関する規則については、殿堂入りした元プロ関係者に限って、プロとアマの双方で必要な研修を免除。アマ側は適性審査に際してリポート提出を求め、プロ側は研修にかわる制度を協議する。また、プロの各球団職員、各連盟職員、トレーナーの経験者は研修制度の対象外とする特例を認めた。

 憲章の改正は実質的には10年の全面改正以来で、主な変更点として「法令遵守」の内容が加えられた。日本学生野球協会の内藤雅之事務局長は「よりガバナンスを強化する」と説明した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ