日本ハムのドラ6指名拒否のJR東日本・山口、DeNA戦に先発し6回1失点と好投

2017年3月1日19時50分  スポーツ報知
  • DeNAとの練習試合で6回1失点と好投したJR東日本の山口裕次郎

 昨秋ドラフトで日本ハム6位指名を拒否したJR東日本・山口裕次郎投手(18)=履正社=が1日、DeNAとのプロアマ交流戦(ベイスターズ)に先発。初回先頭の狩野から三振を奪うなど、6回を2安打1失点と好投した。

 即戦力候補の左腕は6四球と制球に苦しんだが、失点は山崎憲の左越えソロのみ。習得中のチェンジアップを初めて実戦で試し「空振りも三振も取れて良かった」と笑顔を見せた。

 2月のオリックス戦(清武)でも4回0封と実力を発揮し「3年後にプロにいきたい」と目を輝かせた。

 試合はDeNA2番手の今永が3回1/3を9失点と乱れ、10―1でJR東日本が勝利した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ