【東都準硬式】連覇を狙う中大が先勝

2017年3月18日17時54分  スポーツ報知

  ◆東都大学準硬式野球春季リーグ戦1部 中大9―2専大(18日・上柚木公園)

 1部が開幕し、昨秋に続く連覇を狙う中大が専大に快勝した。初回、小宮山優生(2年=日川)の右翼ポール際に飛び込む先頭打者本塁打で先制すると、4回には真谷健吾(2年=佐賀商)の適時打などで2点を追加した。専大は8回、神山琢郎(4年=県岐阜商)の適時二塁打などで2点を返したが及ばず。中大の先発、木下愛(4年=佐世保実)は小沢巧平(2年=日川)の救援をあおいだが、今季初勝利を挙げた。

 【東都大学準硬式野球連盟 加盟校】
 ▽1部 中大、国士舘大、日大、東海大、東洋大、専大
 ▽2部 法大2、筑波大、亜大、青学大、国学院大、日体大
 ▽3部 帝京大、駒大、千葉大、城西大、独協大、上智大
 ▽4部 東農大、明治薬科大、一橋大、首都大学東京、成蹊大、千葉経済大
 ▽5部 立正大、千葉商科大、東京農工大、学習院大、東京理科大、健康科学大
 ▽6部 東京工業大、東京薬科大、東京電機大、電通大、日本獣医生命科学大

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ