【東都】国学院大・伊藤雅、リーグ戦初本塁打&3安打3打点「完璧でした」

2017年4月13日16時3分  スポーツ報知
  • 2回、中前適時打を放った国学院大・伊藤雅

 ◆東都大学野球第2週第2日 ▽国学院大8―2専大(13日・神宮)

 国学院大は、5番・伊藤雅人一塁手(2年=関東第一)がリーグ戦初本塁打に先制適時打など3安打3打点と活躍し、先勝した。

 初回2死一、二塁で、伊藤雅が中前適時打。打線は2死走者なしから4四球を絡め、3安打で打者一巡し、4点を先取した。伊藤雅は2回2死三塁でも、中前に2打席連続のタイムリー。9回先頭では左越えにダメ押しソロを運び、「完璧でした」と笑みを浮かべた。

 鳥山泰孝監督(41)は「これくらいできる選手。ヒットポイントが広い」と5番打者の働きをたたえた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)