【北東北大学】八戸学院大の元高校日本代表ルーキー・伊藤、開幕スタメン奪う!

2017年4月20日8時0分  スポーツ報知
  • 1年生で開幕スタメンを目指す八戸学院大・伊藤

 22日に開幕する北東北大学野球春季リーグ戦で、八戸学院大のルーキー・伊藤優平内野手(1年)=八戸学院光星=が開幕スタメン目指して腕を磨いている。高校との違いを感じながらも、7季ぶり15度目の優勝に貢献するつもりだ。チームは19日、八戸市内の同校グラウンドで練習を行った。

 悩み苦しみながら、伊藤がスタメン奪取へ奮闘中だ。1年生だが、3月の宮崎キャンプから主力組に入り、オープン戦は高校時の二塁手ではなく、三塁手や指名打者で出場。しかし、伊藤は「球のキレが違う。分かっていたけど、対応しきれていない」と不満を口にした。スタメン確保へ、どんな形でもチームの力になる。

 “大学仕様”に変えてきた。50メートル走5秒8の俊足で高校日本代表にも選ばれた逸材だが、「無駄なくコンパクトに振るようにしたい」(伊藤)と、高校時代は上げていた右足をすり足に修正。これまで以上に逆方向への打球を意識し、武器を生かそうと取り組んできた。

 正村公弘監督(53)は「体のキレや走塁(の技術)はまだ高校レベル。早く大学のスピードに慣れること」。リーグ戦前最後のオープン戦だった16日の七十七銀行戦も、2打数無安打1四球に終わった。さまざまな点で速さへの対応が必要だ。

 チームは昨秋4位のため、開幕週に7連覇を狙う富士大といきなり激突する。「(1年生だから)自分はいい意味で怖さ知らず。チームのため、やるべきことをやる」と伊藤は気合を見せた。学年関係なく、勝つために全力を尽くす。(有吉 広紀)

 ◆伊藤 優平(いとう・ゆうへい)1999年2月8日、東京・杉並区生まれ。18歳。小1で野球を始め、富士見丘中では東京城南ボーイズに所属し、2年春に全国大会出場。八戸学院光星では3年時に春夏連続で甲子園出場。高校日本代表に選ばれた。167センチ、67キロ。右投左打。血液型O。家族は母、姉、兄。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)