【東京六大学準硬式】明大先勝!慶大完封の中里「1位で全日本選手権に行きたい」

2017年5月14日20時14分  スポーツ報知
  • 慶大を完封した明大・中里

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 明大3―0慶大(14日・早大東伏見グラウンド)

 明大が効果的に得点し、初戦をモノにした。2回、松原大樹(4年=明大中野)の安打などで好機を作ると、奥居大輝(2年=城南)の適時打で1点を先制。4回には千田京平(2年=花巻東)の左越え本塁打、7回にはボークで加点。先発の中里彰吾(4年=高崎)は、被安打5、与四死球0の好投で相手打線を完封した。

 慶大も8回、大野晃佳(2年=時習館)、大町怜央(3年=修道)の安打で1死一、二塁の好機を作るものの、後続が倒れ得点ならず。先発の村石就昭(3年=慶応志木)を援護できなかった。

 中里彰吾「守備にも助けられて完封することができました。残り試合も全て勝って、1位で全日本選手権に行きたいです」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ