【東都】国学院大―亜大2回戦、雷雨で順延 鳥山監督「仕切り直してしっかり」

2017年5月18日17時32分  スポーツ報知

 18日に予定されていた東都大学リーグの国学院大―亜大2回戦(神宮)が、試合開始直前の雷雨のために中止。19日に順延された。

 2位の国学院大は、17日の1回戦で先勝。2010年秋以来7年ぶりのリーグ優勝には、勝ち点を挙げることが条件となっている。

 ただ、国学院大が2連勝での勝ち点なら、首位・東洋大は最終カードの日大戦で2連勝して勝ち点を挙げる必要があり、相当なプレッシャーをかけられる。

 鳥山泰孝監督(41)は「これ(天候)ばかりはコントロール出来ない。仕切り直して、目の前の試合をしっかりやりたい」と気持ちを切り替えていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)