ヤマハ・鈴木、社会人代表選考合宿で自己最速更新の155キロ

2017年6月24日8時0分  スポーツ報知
  • 社会人日本代表第1次選考合宿の紅白戦に登板したヤマハ・鈴木博志

 アジア選手権(10月・台湾)に向けた社会人日本代表第1次選考合宿の紅白戦が23日、千葉・柏市のJR東日本グラウンドで行われ、今秋ドラフト1位候補右腕のヤマハ・鈴木博志(20)が自己最速を1キロ更新する155キロをマークした。

 第2試合のB組2番手で4回から登板。春のオープン戦以来の3イニングを投げ、2安打2失点(自責0)で3三振を奪った。Rソックスの守護神・キンブレルを手本に、「今年は左足を着いてからの球持ちを長くして、8割の力で150キロが出る」。プロ6球団のスカウトが視察。楽天のスピードガンで155キロを計測し、仁村スカウト副部長は「今年これだけの素材はいない」と最上級の言葉を添えた。

ドラフト候補
  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ