【東都】昨春センバツ優勝投手の東洋大・村上が新人賞「次はチームの日本一」春季リーグ個人表彰式

2017年6月27日20時32分  スポーツ報知
  • 今春の東都大学リーグ表彰式に出席した(左から)中大・喜多川省吾、東洋大・飯田晴海、東洋大、佐藤都志也、東洋大・村上頌樹

 東都大学野球春季リーグ戦の個人タイトル表彰式が27日、都内で行われた。

 昨春センバツ優勝投手の東洋大・村上頌樹(しょうき、1年=智弁学園)は、2勝(1完封)を挙げて新人賞を受賞。「人生で1度しかないタイトルをもらえてうれしい」と笑顔を見せた。

 リーグ戦終盤に右肘を痛め、全日本大学野球選手権には不出場。7月半ばに本格的な投球練習を再開予定で、秋の開幕には間に合う見込みだ。「自分の生命線はコントロール。もっとつめていきたい。次はチームの日本一に貢献したい」と気合を込めた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ