【東都】青学大の中山秀征Jr.翔貴、ボールボーイで“神宮デビュー”

2017年8月30日6時0分  スポーツ報知
  • スタンドに向かってあいさつする青学大・中山翔貴

 ◆東都大学フレッシュトーナメント(29日・神宮)

 初開催となった東都大学フレッシュトーナメントが神宮で開幕した。出場条件は学年を問わず、リーグ戦でベンチ入り経験のない選手に限られる。青学大では、タレント・中山秀征(50)と元宝塚トップ娘役・白城あやか夫妻の長男・翔貴投手(1年)が、ボールボーイとして“神宮デビュー”を果たした。

 ヒデちゃんの長男・翔貴が、ボールボーイなどを務めて神宮デビューした。青山学院高時代の昨夏は、神宮で登板するも東東京大会2回戦で逆転負け。大学入学後「周りとのレベルの差を感じた」と7月上旬に、右上手投げから下手投げに転向した。リベンジに燃える右腕は「試合に出るために変えた。来年は自分が神宮で投げて勝ちたい」と1部リーグでの登板を目標にしている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)