【東都大学準硬式野球】東洋大が競り勝つ

2017年9月8日17時50分  スポーツ報知
  • 3打点を挙げた東洋大・土屋

 ◆東都大学準硬式野球1部秋季リーグ戦 東洋大11―7東海大(8日・上柚木公園野球場)

 東洋大が接戦を制した。2回、若松貫太(3年=座間)、土屋剛(1年=習志野)の適時打で2点を先制。3回には高橋敦也(1年=八戸学院光星)、若松、内藤優(3年=藤代)の3連打などで4点を追加した。東海大は5回、加賀輝(3年=東海大相模)の適時打、宮本哲也(3年=東海大相模)の3点三塁打、金子翔太(3年=東海大浦安)の適時打で1点差に追い上げるが、東洋大は6回、土屋の適時三塁打などで3点を挙げてなおも加点し、粘る東海大を振り切った。

 東洋大・土屋剛「チャンスで一本打ててよかったです。勝ち点を取れるように明日も全力でプレーします」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)