【東都大学準硬式野球】東海大が競り勝つ

2017年9月9日18時29分  スポーツ報知
  • 決勝打を放った東海大・加賀

  ◆東都大学準硬式野球1部秋季リーグ戦 東海大3―2東洋大(9日・上柚木公園野球場)

 東海大が延長14回の激闘を制し、1勝1敗に持ち込んだ。初回、金子翔太(3年=東海大浦安)の犠飛などで2点を先制。東洋大は9回1死満塁から若松貫太(3年=座間)の2点適時打で追いつき、なおもサヨナラ勝ちの好機を作るが後続が断たれ延長戦に。両校決め手のないまま迎えた14回、東海大は2死三塁で加賀輝(3年=東海大相模)が適時内野安打を放ち勝ち越し。東洋大はその裏2死二、三塁の好機をつくるが及ばなかった。

 東海大・加賀輝「延長にもつれましたが勝ち切ることができてよかったです」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)