【東京六大学準硬式野球】法大が先勝

2017年9月9日21時51分  スポーツ報知
  • 2打点を挙げた法大・藤口

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 法大7―1東大(9日・法大多摩)

 法大が着実に好機をものにした。初回、藤口帝(4年=遊学館)の犠飛で先制。同点の5回には萩原幹斗(4年=報徳学園)の適時打などで3点を追加し、終盤にも3点を加えた。東大は3回、吉田慎太郎(4年=東大寺学園)の中前適時打で一度は追いついたが、法大の継投策に抑えられた。

 法大・藤口帝(7回の適時打を振り返って)「試合が硬直状態にあったので、追加点が取れて良かったです」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ