【東都大学準硬式野球】東洋大・高橋がサヨナラ逆転2ラン

2017年9月12日14時38分  スポーツ報知
  • 逆転サヨナラ2ランを放った東洋大・高橋

  ◆東都大学準硬式野球1部秋季リーグ戦 東洋大8―7日大(12日・上柚木公園野球場)

 東洋大が鮮やかな逆転サヨナラ勝ちで1回戦をものにした。2回、高橋敦也(1年=八戸学院光星)、多田龍ノ介(3年=高松西)の連続適時打で2点を先制。日大は5回、石田嵩人(1年=日大東北)の適時打に敵失がからみ同点とすると、6回には天本隼人(3年=長崎日大)の適時打などで5点を奪い勝ち越し。追う東洋大はその裏、伊藤航(1年=成立学園)の二塁打などで4点を返して追い上げると、9回2死二塁で高橋が逆転の左越えサヨナラ2ランを放ち、試合を決めた。

 東洋大・高橋敦也「点差が開いた状況で、みんなにあきらめない気持ちがあったので何とか逆転したいと思い、それが結果につながってよかったです」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)