【ドラ1候補生】MAX146キロ左腕、明大・斉藤大将が急成長 先輩の柳&星に続く

2017年10月22日10時0分  スポーツ報知
  • 明大・斉藤大将

 ドラフトイヤーに、グッと評価を上げた。明大のエースで、スリークオーター左腕の斉藤大将だ。最速146キロの直球で胸元をえぐり、キレ味抜群のスライダーで空振りを奪う。「春はピンチで力んで、力勝負で打たれた。秋は力を抜いてかわすピッチングをテーマにした」。今季7試合で無傷の3勝、防御率1・61をマークし、猛アピールしている。

 武器はスタミナと、先発、救援もこなせる対応力だ。1学年上に柳(中日)&星(ヤクルト)の2枚看板がいたため、本格的な先発挑戦は今春から。今秋開幕の早大戦でリーグ初完投を完封勝利で飾ったばかりで、大学日本代表ではセットアッパーを務め、ユニバーシアード連覇に貢献した。

 全12球団から調査書が届き、注目度の高さを示している。オリックス・長村球団本部長は「角度のあるボール。スライダーで横の幅も使えているし、チェンジアップなどで緩急も使えている。左では田嶋(JR東日本)、東(立命大)と並んで上位」と語り、巨人の福王・東日本統括スカウトは「抜けるボールも投げられるようになり、幅が広がった」と高く評価している。

 今秋リーグ戦の最終カードとなる21、22日の東大戦は、台風21号の影響で順延となった。今カードで連勝すれば、2季ぶりのリーグ優勝に望みをつなぐ。ドラフト直前のラストゲームだが、まずはチームのためにフル回転する。(青柳 明)

 ◆斉藤 大将(さいとう・ひろまさ)1995年6月3日、東京・江戸川区生まれ。22歳。清新第二中では城東ボーイズで投手。3年夏にメキシコで開かれた世界少年野球大会の日本代表に選出。桐蔭学園(神奈川)では1年夏からベンチ入り。明大では主に中継ぎで登板し、大学日本代表に選出。リーグ通算51試合(先発は10度)で11勝4敗、防御率2・14。178センチ、75キロ。左投左打。家族は両親と兄2人。

ドラフト候補
  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ