ドラ1候補、最速157キロ右腕ヤマハ・鈴木博志「1位で行きたい」

2017年10月24日8時0分  スポーツ報知
  • 1位候補に挙げられているヤマハの157キロ右腕・鈴木

 運命の時まであと2日。ドラフト会議が26日、東京都内で行われる。1位指名の有力候補に挙がっているヤマハの大型右腕投手・鈴木博志(20、磐田東高出)が指名されそうだ。

 鈴木にとって運命の日がやってくる。磐田東高3年時には、同期の左腕投手・斎藤誠哉がソフトバンク入り。昨年は後輩の加藤脩平外野手と、ヤマハの池田駿投手が巨人入りした。今度は自分の番だ。すでに12球団から調査書が届いており、「1位でプロに行きたい。それを目標にして、ずっと練習してきたので」と26日を待つ。

 ヤマハでの3年間で体が強く、大きくなった。80キロだった体重は96キロ。球速も145キロから157キロまで上がった。それでも50メートルは6秒1で駆け抜ける。体の動きは鈍っていない。理想的なウェートアップに成功した。

 11月にはヤマハの2連覇が懸かる日本選手権が待っている。東邦ガスとの東海予選初戦は「力が入り過ぎて」5回5失点と崩れたが、永和商事との敗者戦で1安打完封勝利を挙げて名誉を挽回した。「チームのために投げたい」と鈴木。ドラフトを追い風にする。

ドラフト候補
  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ