夏8強の仙台育英トリオが東北福祉大入り「みんなから信頼されるような投手になる」

2017年12月8日9時0分  スポーツ報知
  • 東北福祉大進学が決まった仙台育英の(右から)佐川、斎藤、加藤

 仙台六大学野球の強豪・東北福祉大に、今年の春夏甲子園で連続8強入りした岩手・盛岡大付の大里昂生内野手(3年)と、今夏の甲子園8強・仙台育英(宮城)から佐川光明外野手、斎藤育輝(なるき)内野手、加藤雅己投手(いずれも3年)の3人が合格したことが、7日までに分かった。4年間、レベルの高い場所でもまれ、大学でも全国優勝を目指して力をつけていく。

 仙台育英から東北福祉大に進む3人は、それぞれが“大学仕様”へ変わろうと奮闘中だ。中堅兼投手だった佐川は、まずは投手一本で勝負するべく、走り込みを徹底して「4年間ずっと神宮に出られるようにやっていきたい」と宣言。「(攻守とも)大事なところで仕事ができる選手になりたい」と話した、正二塁手だった斎藤は、寮の部屋にダンベルを持ち込むなど、今までやっていない上半身のウェートトレに取り組んでいる。

 8強入りした今夏の甲子園に、背番号10でベンチ入りした加藤は「みんなから信頼されるような投手になる」と、帰宅後も自宅近くで坂道ダッシュなど地道に強化。高校3年間鍛えてきたものに、さらに上積みしていく。

 斎藤と加藤は宮城県、佐川は福島県と3人とも東北地方出身。ポジションは違うが、3人で刺激し合い、“地元”で実力を高めていく。(有)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ