亜大・小山、歌手デビュー「お気に入りの1曲になってくれるとうれしい」

2018年2月11日7時0分  スポーツ報知
  • デビューシングル「今すぐに逢いにゆくから」をリリースした亜大・小山翔吾投手

 DEENのボーカル・池森秀一(48)がプロデュースした東都大学リーグ・亜大の小山翔吾投手(4年)のデビューシングル「今すぐに逢いにゆくから」が10日、iTunesなどの配信限定でリリースされた。

 作詞も担当した右腕は「ぜひ、皆さんのお気に入りの1曲になってくれるとうれしいです」とアピール。OBのソフトバンク・東浜は「歌声を聴いて、すごく応援したくなりました。お互い道は違いますけど、同じプロとして一緒に頑張っていきましょう!」とエールを送った。プロデューサーを務める池森は「小山翔吾が歌うラブソングが、多くの人に届くようにと願っております」と期待を込めた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)