【東都大学準硬式野球】日大が逃げ切る

2018年4月16日18時0分  スポーツ報知
  • 先制打を放った日大・上野

 ◆東都大学準硬式野球1部春季リーグ戦 日大6―5専大(16日・上柚木公園野球場)

 日大が接戦をものにした。初回、上野純貴(2年=大垣日大)の適時二塁打で先制すると、2回、3回には敵失で加点。1点差に追い上げられた5回に若井幸誼(3年=広尾)の犠打、8回に天本隼人(4年=長崎日大)の適時打で追加点を挙げると、5投手の継投で専大の反撃をしのいで逃げ切った。

 日大・上野純貴「明日も結果を残せるように頑張ります」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)