【東京六大学準硬式野球】慶大が延長戦を制する

2018年5月12日19時7分  スポーツ報知
  • 決勝打を放った慶大・酒井

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 慶大4―3早大(12日・法大多摩)

 慶大が延長戦にもつれ込んだ激闘を制して先勝した。1点を追う7回、市野澤文太(3年=慶応)の中越え2ランで逆転すると、8回には酒井俊樹(2年=桐朋)の右越えソロで1点を追加。早大は8回、代打・鈴木涼馬(3年=早実)の左越えソロ、今駒顕二郎(4年=早大学院)の適時打で追いつくが、慶大は10回1死二塁で酒井が右翼へ適時三塁打を放ち、試合を決めた。

 慶大・酒井俊樹「負けられない早慶戦に勝てたことが何よりよかったです! 勝ち点を取れるようにまた明日、頑張りたいです」

アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)