【四国IL】愛媛・河原監督「NPBに通用する『スピード』を目標に取り組んでいく」

2017年2月20日23時46分  スポーツ報知

 独立リーグの四国アイランドリーグplusは20日、高松市で、開幕記者会見を開いた。

 巨人や中日で投手として活躍した愛媛の河原純一新監督(44)は「NPBに通用する『スピード』を目標に取り組んでいく」と抱負。元超大物メジャー、マニー・ラミレス外野手(44)の加入が決まっている高知の駒田徳広監督(54)は「全国からたくさんの野球ファンが四国を訪れてくれることだろうと思います。選手たちも、彼のプレーを見て吸収してほしい」とマニー効果に期待した。香川は元広島の西田真二氏(56)、徳島は元ダイエーの養父鉄氏(43)が監督を務める。

 リーグは4月1日に香川―愛媛(レクザ)、高知―ソフトバンク(高知)で開幕する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)