桑田氏が軟式野球に先発投手で出場 遊撃でプレーも

2017年9月3日17時30分  スポーツ報知
  • 軟式野球の大会で遊撃手としてプレーする桑田真澄氏

 ◆MLBドリームカップ2017 supported by XEBIO Group ▽1回戦 ヴィクトリア選抜 New York Mets4―3桑田パイレーツ(3日・大宮けんぽグラウンド)

 スポーツ報知評論家の桑田真澄氏(49)が3日、MLBドリームカップ2017の1回戦に桑田パイレーツで先発出場。ヴィクトリア選抜 New York Metsと対戦し3―4で敗れた。

 桑田氏は不慣れな軟式野球を感じさせない投球で観客を沸かせた。先発で1イニングを投げ、先頭打者からカーブで空振り三振、二飛、二飛と圧巻の投球で3者凡退に抑えると観客から拍手が起きた。2回からは遊撃でプレーした。モノマネ芸人・桑田ます似(39)も応援に駆けつけ、試合を見守った。

 チームは惜しくも1点差に泣いたが、「やっぱり野球は楽しいなと感じました。自分は硬式野球なので軟式野球でプレーはしたことなかったが、こうして軟式野球の方と野球ができて良かった」と笑顔を見せた。指導者の一面も持つ桑田氏は「僕は野球人なので野球を続けていろんなことに貢献したい」と意欲的に話した。

 高校通算最多本塁打記録を109本に更新した早実・清宮幸太郎内野手(3年)の今後の進路に関して問われると、「プロでも進学でもどちらでもいいと思う。大事なのは彼が決断すること。そしてそれをみんなで応援してやること」と持論を語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ