清原和博氏の次男・勝児くん「4番・一塁」で先発も3の0「長打を打てるように頑張りたい」

2017年12月28日6時30分  スポーツ報知
  • 侍ジャパンの稲葉監督(右)と記念写真に納まる読売ジャイアンツジュニアの清原勝児くん(中列中央)
  • 「4番・一塁」で先発出場した清原和博氏の次男・勝児くん

 「NPB12球団ジュニアトーナメント2017」が27日、札幌Dで行われた。元プロ野球選手の清原和博氏(50)の次男・勝児くん(小6)が読売ジャイアンツジュニアのメンバーとして出場。「4番・一塁」で先発し、3打数無安打に終わり、阪神タイガースジュニアに4―5でサヨナラ負けを喫した。

 28日は東京ヤクルトスワローズジュニアと対戦。勝てば29日の決勝トーナメント進出の可能性も残る。巨人の坂本勇人内野手(29)に憧れ、背番号「6」を背負う大砲は「自分は長打力を得意としているので、明日は長打を打てるように頑張りたい」と前を向いた。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)