【東都大学準硬式野球】亜大が勝ち点

2018年5月29日17時34分  スポーツ報知
  • 5回、適時打を放った亜大・佐野

  ◆東都大学準硬式野球2部春季リーグ戦 亜大11―3法大2(25日・新座市総合運動公園野球場)

 亜大が最終戦で大勝し、1つ目の勝ち点を挙げた。初回、2点を先制されるも、2回に坂本大輔(1年=所沢商)の適時打で1点を返すと、3回、敵失で同点に。5回に佐野浩平(4年=武蔵越生)の適時打で勝ち越すと、その後も効果的に加点した。投げては先発の鷲森崚人(2年=永山)が6回を2失点にまとめ、勝利投手となった。

 2部は全日程が終了し、順位は〈1〉駒大〈2〉国学院大〈3〉青学大〈4〉法大2〈5〉日体大〈6〉亜大となった。駒大は1部6位の東海大と、亜大は3部1位の帝京大と入れ替え戦を戦う。

 亜大・佐野浩平「追い込まれていたのですが、うまく体が反応してくれました。リーグ戦最終戦を勝利で締めくくれたので、入れ替え戦もこの流れに乗って勝ちにいきます!」

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ