審判員「彼女の名前を言わないと、ストライクゾーンを広げるぞ」とつぶやき無期謹慎

2015年10月16日15時57分  スポーツ報知

 日本学生野球協会は16日、都内で審査室会議を行い、高校15件の処分を決めた。京都府の審判員(30)は、ネット上のトラブルのため無期謹慎となった。

 この審判員は7月25~27日、軟式の夏の京都府大会期間中にツイッター上で府内の複数の部員に対し、「彼女の名前を言わないと、ストライクゾーンを広げるぞ」「今度ボークを取るぞ」などとつぶやいたという。

 また、高岡第一(富山)は、部員の賭け行為などで1か月の対外試合禁止に。2年生部員2人が昨年10月に練習のフリー打撃でホームラン1本あたり3000円を賭け、1万2000円の金銭授受があったという。同校は秋季富山県大会の3回戦を棄権していた。主な処分は以下の通り(肩書は当時)。

 【対外試合禁止】高岡第一(富山)9月14日~1か月=部員の部内暴力、部員の金銭強要、部員の賭け行為▽犢橋(千葉)9月15日~1か月=部員の部内暴力▽二ツ井(秋田)9月8日~3か月=部員の喫煙▽明科(長野)9月19日~1か月=部員の部内いじめ

 【謹慎】武南(埼玉)の監督 9月15日~1年=監督の部内暴力、など11件。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)