ラガーさん“引っ越し”へ 高野連がセンバツで「ドリームシート」新設

2016年1月13日22時30分  スポーツ報知

 8号門クラブも「お引っ越し」へ―。日本高野連は13日、センバツ高校野球大会の期間中、バックネット裏前方に118席の「ドリームシート」を新設し、軟式野球チームの小中学生を無料招待すると発表した。

 今年は全日本軟式野球連盟の加盟チームが対象。旅費の負担を考慮して、近畿地区に限定する。夏の甲子園大会でも設ける方向だ。少年野球人口は毎年減少しているだけに、臨場感あふれる席で観戦することで、甲子園へのあこがれを持ってほしいとの狙いがある。

 甲子園大会のネット裏ではこれまで、同球場の8号門入り口で大会期間中に野宿している熱烈な高校野球ファンのグループ「8号門クラブ」の会員が最前列に座ることが多く、中でもラガーシャツを着て最前列で応援する名物客「ラガーさん」は有名だ。新たにドリームシートが設置されることから、8号門クラブのメンバーも「引っ越し」の必要に迫られそうだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)