【西東京】“逆一本足打法”和光・室橋…球場はどよめき!

2016年7月11日19時2分  スポーツ報知
  • 打ちに行く前に左足を大きく上げてタイミングをとる「逆一本足打法」で関係者を驚かせた和光の2番打者・室橋達人
  • 6回1死二塁、狛江・吉田の捕邪飛を取り損ねる和光の捕手・室橋達人。スタメンでは唯一の長髪、打っては逆一本足打法

 ◆第98回全国高校野球選手権西東京大会 ▽1回戦 和光3-10狛江=8回コールド=(11日・町田小野路)

 和光の2番打者、室橋達人捕手(2年)の衝撃的な“逆一本足打法”に球場からどよめきが起きた。

 スイッチヒッターの室橋は、左投手相手ながら左打席へ。王貞治やイチローのように右足を上げるところだが、室橋は軸足となる左足を高く1、2度上げてタイミングをとり、スイングした。

 初回の第1打席はニゴロに倒れ、2回の第2打席。2死走者なしから見事に中越え三塁打。4回の第3打席は四球、6回の第4打席は中飛で3打数1安打だった。

 試合は3-5で迎えた8回裏に5失点し、3-10のサヨナラコールドで無念の初戦敗退となった。 

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ