【北信越】高岡商・伏見、藤浪流フォームで初完封!

2016年10月16日6時0分  スポーツ報知
  • 初の完封勝利を飾った高岡商の長身右腕・伏見
  • 初戦突破を決め、ナインと喜ぶ高岡商・伏見(右)

 ◆高校野球秋季北信越大会第1日 ▽1回戦 飯山0―1高岡商(15日・松本市)

 1回戦8試合が行われ、富山・石川県勢は3校が8強入りした。高岡商(富山1位)は189センチの長身右腕・伏見拓真(2年)が公式戦初の完封勝利。130キロ中盤の直球と変化球を武器に、1―0で飯山(長野4位)を下した。日本航空石川(石川1位)は6―1で関根学園(新潟3位)を破り、北信越3度目の出場で初白星。富山東(富山2位)も4―2で村上桜ケ丘(新潟2位)に逆転勝ちし、北信越初勝利を決めた。

 189センチから投げ下ろすストレートは威力満点。高岡商の長身右腕・伏見が122球を投げ抜いた。最後の打者は、ストレートで遊ゴロ併殺に仕留め、力強くガッツポーズ。被安打5、8三振で試合を締めくくった。伏見は「初めての完封でうれしい。初戦突破は、優勝への第一歩です」と満面の笑みを浮かべた。

 ピンチにも動じなかった。1、7回は失策も絡んで得点圏に走者を背負ったが「慣れていないグラウンドで、エラーは想定内。全然気にしなかった」と伏見。角度のある速球に加え、縦の変化球でさらに急角度に。切れのある変化球も織り交ぜながらピンチを脱出し、チームを勢いづけた。

 中学までは野手だったが、3年間で164センチから187センチに急成長。長身を生かすため、高校入学後は投手に転向した。阪神の藤浪晋太郎の動画を参考にして、フォームを試行錯誤してきた。ネット裏で視察した中日の中原勇一スカウトは「ボールに角度があるし、今後が楽しみ。体重移動や体格を使い切れていないが、スピードはもっと出る」と期待を込めた。

 木津小、南星中出身で、リオ五輪女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉(23)=東新住建=の後輩だ。実家は道を挟んで斜め向かいにあり、小さい頃はよく会っていたという。「知っている人が有名になってすごい。僕もあんな人になりたい」と伏見。偉大な先輩を目標に、まずは北信越の頂点を狙う。(中田 康博)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)