【センバツ】G岡崎スカウト部長総括、やっぱり清宮!技術あるが体が出来ていない選手多い

2017年3月26日6時0分  スポーツ報知
  • 早実・清宮

 25日で全32校が登場した。今秋ドラフトや、将来有望な選手として注目された逸材を、視察した巨人・岡崎郁スカウト部長に聞いた。

 やっぱり印象に残ったのは早実の清宮幸太郎、履正社の安田尚憲ですね。彼らは技術だけじゃなくて、パワーもある。体もできている。今年のドラフトに関していえば、大学、社会人を含めても「Aランク」といっていいと思います。

 ピッチャーでは、左腕なら日大三の桜井周斗、秀岳館の川端健斗。右は東海大市原望洋の金久保優斗に将来性を感じました。桜井は、履正社・安田から3連続三振を奪ったスライダーのキレ。金久保は180センチと背も高いし、スライダーも良かった。他には、この日も好投した履正社の竹田祐、福岡大大濠の三浦銀二、熊本工の山口翔も、今後が楽しみな存在です。

 野手では作新学院の鈴木萌斗に、ホームランが出ればサイクル安打だった中島淳。呉の新田旬希も、伸びしろがあると感じましたね。仙台育英の尾崎拓海、大阪桐蔭の岩本久重の両捕手を、故障で見られなかったのは残念でした。

 今年のセンバツは全体的に見て、技術はあるけど、体ができていない選手が多い印象です。これから練習を積んで体力をつけて、いい素材たちがどう成長していくのか、夏に見るのが楽しみです。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)