横浜・増田珠が公式戦連続試合安打「18」に、三振は公式戦23試合連続「覚えない」

2017年4月17日8時0分  スポーツ報知
  • 3回に先制のホームを踏み、指を立てて喜ぶ横浜・増田

 ◆高校野球春季大会 ▽神奈川大会3回戦 横浜10-1藤沢翔陵(16日、サーティーフォー保土ケ谷)

 横浜の今秋ドラフト候補・増田珠中堅手(3年)が16日、サーティーフォー保土ケ谷で行われた春季高校野球神奈川県大会3回戦・藤沢翔陵戦に登場。4回には左翼フェンス直撃の適時三塁打を放つなど、2打数1安打3四死球と躍動した。

 高校通算22発の4番は、公式戦の連続試合安打を「18」に伸ばした。さらには15年秋の関東大会・常総学院戦から公式戦23試合連続で「三振した覚えがない」と明かした。

 視察した阪神・吉野スカウトは「うまく振り抜けるし、際どいコースを打ちにいって、見極められる」と三振が少ない打撃技術を認めた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)