星槎国際湘南、本田仁海の好投で初の夏シード

2017年4月17日8時0分  スポーツ報知
  • 7回2安打無失点に封じた星槎国際湘南・本田

 ◆高校野球春季大会 ▽神奈川大会3回戦 星槎国際湘南5-2川和(16日、サーティーフォー保土ケ谷)

 星槎国際湘南の今秋ドラフト候補の最速146キロ右腕・本田仁海(3年)が、16日、サーティーフォー保土ケ谷で行われた春季高校野球神奈川大会3回戦・川和戦で7回2安打無失点、6奪三振と好投。チームは5―2で勝利し、16強入り。創部7年目で初の夏の神奈川大会のシードをつかんだ。

 インフルエンザから復帰直後の右腕は、練習で連日、打撃投手を務め、15日の2回戦から連投。「(投げすぎて)調整ミス」と漏らしながら、走者なしでもクイックを交え、6回に最速143キロをマークした。視察したDeNA・吉田スカウト部長は「素材としてはいい」とうなずいた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)