日大三のエース・桜井、7四死球5回降板も高校通算28号ソロ

2017年5月22日10時8分  スポーツ報知
  • 日大三のエース左腕・桜井周斗は7四死球7失点の乱調で5回降板

 ◆春季高校野球関東大会 ▽2回戦 日大三10―9専大松戸(21日・水戸市民)

 投打で今秋ドラフト候補に挙がる日大三(東京)の左腕・桜井周斗(3年)が先発し、5回6安打7失点で乱戦を招いたが、高校通算28号で取り返した。

 ロッテのスピードガンで自己最速を1キロ更新する145キロをマークし、7三振を奪った一方で7四死球。「スライダーの調子がよくなかった」と首をひねった。それでも、3番打者としては、この日最速145キロを計測した専大松戸(千葉)の右腕・川上鳳之(たかゆき、3年)から、2点リードの8回先頭でバックスクリーンにソロ。プロ11球団のスカウトが視察し、楽天・仁村スカウト副部長は「度肝を抜かれた。広島・丸みたい。強く振れる」と高く評価していた。

ドラフト候補
  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ