日大三193センチ左腕・金成麗生、最後の練習試合で3回無失点 打っても高校通算29号弾

2017年7月4日19時19分  スポーツ報知
  • 三浦学苑との練習試合で先発した金成麗生

 ◆高校野球練習試合 ▽日大三7―0三浦学苑(4日・日大三グラウンド)

 日大三(西東京)の最速150キロ左腕・金成麗生(かなり・れお、3年)が、西東京大会開幕前最後の練習試合となった三浦学苑(神奈川)戦で先発し、3回無安打無失点と好投。4番打者としても高校通算29号の右越えソロを放ち、勝利に貢献した。

 米国人の父をもつ193センチ左腕は、2日の桐蔭学園(神奈川)戦から中1日での先発。最速144キロをマークしたが「球が思うようにいかなかった。ボールを改善しなければ夏は難しい」と反省。それでも打撃については「前に突っ込まず、うまく打てた」と笑顔を見せた。

 視察した中日・中田スカウト部長は「変化球でストライクがとれ、まとまってきた。プロとしての素材は申し分ない」と太鼓判。打者としても「持っている器が大きい。成長したときはとんでもない」と期待していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)