【石川】金沢・恋太郎の殊勲打でサヨナラ発進

2017年7月18日7時0分  スポーツ報知
  • 森下(左から2人目)を祝福する金沢ナイン

 ◆全国高校野球選手権石川大会 ▽2回戦 金沢4x―3金沢商=延長10回=(17日・石川県立)

 1回戦1試合、2回戦8試合が行われた。春の石川大会王者の金沢は、甲子園2度出場の古豪・金沢商に延長10回、4―3でサヨナラ勝ち。10回裏2死一、二塁で5番・森下恋太郎(こいたろう、2年)が左翼左に殊勲打を放った。春8強の小松大谷は、石川高専に4―3で逆転サヨナラ勝利。2連覇を狙う星稜は、羽咋工に12―2で7回コールド勝ち。昨秋王者の日本航空石川、寺井、津幡、小松商、金沢工のシード校も順当に3回戦進出を決めた。

 恋太郎のバットが勝負を決めた。延長10回裏2死一、二塁。金沢・森下が内角高めの真っすぐをたたき「手応えがあった」という鋭い打球は、左翼手の左を抜けて左翼フェンスに転がっていった。右拳を突き上げながら一塁ベースを回り、寺前竜右翼手(2年)が頭からホームへ滑り込むのを見届けると、歓喜のジャンプ。「サヨナラヒットは初めて。勝負所の大事な場面で打ててよかった」と頬を緩めた。

 スタンドで見守っていた母・悦子さん(48)は「心臓が飛び出しそうでした」と胸をなで下ろした。「恋太郎」の名前は、森下が小学2年の時に亡くなった父親が「すてきな恋愛をして、お嫁さんをもらえるように」と名付けたという。「恋愛は全然ないみたいです」とこっそり明かした悦子さんは「甲子園に連れて行ってもらいたいですね。できれば今年も、来年も」と頼もしい愛息に期待した。

 森下も、チームも、ヒリヒリするような接戦を乗り越えて成長してきた。ノーシードだった春は、2回戦・金沢学院戦で6回2―9とコールド負け寸前の場面から11―10で逆転勝利。3回戦・鵬学園戦は延長13回タイブレイクの末に11―6で勝利。そのまま勢いに乗って13年ぶりの優勝を飾った。

 第1シードで挑む今大会も、初戦から延長10回の大接戦。次戦(3回戦)は、順当なら夏の甲子園6度出場の遊学館を迎え撃つ。森下は「自分たちの所(ブロック)に強いチームが集まった。春と同様、そこで勝っていくことでチームとしてのレベルも上がっていく」と力を込めた。高校通算18本塁打を誇るが「今大会では、チームでトップになるぐらいの打率を残したい」と首位打者宣言。「夏は負ければ終わり。3年生の思いも背負って戦いたい」。恋太郎の夏は、サヨナラから始まった。(勝田 成紀)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)