【石川】寺井、7回打者11人の猛攻で7点

2017年7月18日8時0分  スポーツ報知
  • 初回、先制のホームを踏む寺井・清川

 ◆全国高校野球選手権石川大会 ▽2回戦 寺井13-1金沢泉丘=7回コールド=(17日・金沢市民)

 1回戦1試合、2回戦8試合が行われた。春の石川大会王者の金沢はサヨナラ勝ち。春8強の小松大谷は逆転サヨナラ勝利。2連覇を狙う星稜はコールド勝ち。昨秋王者の日本航空石川、寺井、津幡、小松商、金沢工のシード校も順当に3回戦進出を決めた。

 5点リードの7回、打者11人で7得点し試合を決めた。5回の2点適時二塁打など、この日2安打3打点の4番・下口丈次捕手(3年)は「初戦で硬くなるかなと思ったが、皆思い切り打てていた」と笑顔で振り返った。春4強のチームはエース・西川英志投手(3年)が注目されるが、下口は「西川の球を打って練習している。英志だけじゃない。打撃で勝ちたい」と次戦へ意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)