【石川】日本航空石川・佐渡、11K完封 次は完全試合の金沢西

2017年7月18日8時0分  スポーツ報知
  • 鵬学園を完封して山上(右)とグータッチする日本航空石川・佐渡

 ◆全国高校野球選手権石川大会 ▽2回戦 日本航空石川3―0鵬学園(17日・石川県立)

 1回戦1試合、2回戦8試合が行われた。春の石川大会王者の金沢は、甲子園2度出場の古豪・金沢商にサヨナラ勝ち。春8強の小松大谷は、石川高専に逆転サヨナラ勝利。2連覇を狙う星稜は、羽咋工に7回コールド勝ち。昨秋王者の日本航空石川、寺井、津幡、小松商、金沢工のシード校も順当に3回戦進出を決めた。

 144キロ右腕の佐渡裕次郎(3年)が、3安打完封勝利。3回には左越え本塁打も放ち、投打で活躍した。鋭いスライダーが武器だが、この日は「真っすぐが良かった」とストレートを低めに集めて11奪三振。次戦(3回戦)は、16日の1回戦で完全試合を達成した柳橋巧人投手(3年)を擁する金沢西との対戦も予想される。「次は自分が完全試合をするつもりで頑張りたい」と力強かった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)