【富山】王者・高岡商、ヒヤリ 初陣1点差

2017年7月18日8時0分  スポーツ報知
  • 好救援し、雄たけびを上げる高岡商の左腕・山田

 ◆全国高校野球選手権富山大会 ▽2回戦 高岡商6―5滑川(17日・県営富山)

 2回戦8試合が行われた。春夏連続の甲子園出場を目指す高岡商は、148キロ左腕・山田龍聖(2年)が好リリーフし、6―5で滑川に辛勝した。2回戦の残り8試合は21日に行われる。

 高岡商の“守護神”山田が、気迫満点の投球で勝利を呼び込んだ。エース左腕の土合伸之輔(3年)が7回に5失点し、8回無死一塁の場面で緊急登板。「緊張もあったけど、ああいう時は真っすぐで、ねじ伏せてやるしかない」と山田。ストレートを狙われていたが、相手の予想を上回る球威で、2イニングを無安打、3奪三振。最後の打者を中飛に仕留めると、両手拳を握って雄たけびを上げた。

 普段の練習からピンチの場面を想定し、ランナーを付けて投球練習してきた。この日は6回まで6―0とコールド勝ちも見えていたが「決めつけないことが大事。土合さんが苦しくなった時、投げる準備はしていました」と、決して油断することなく、ブルペンで肩を作っていた。

 夏の大会に初登板し、大きな自信を付けた。「今日のようにスコアボードにゼロを並べたら甲子園に近づく。次もコントロール良く、3球で三振を取れるようにしたい」と山田。規格外の球威で、憧れの聖地を目指す。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ