【岡山】岡山大安寺中教校1年・中村が県大会初の快挙!公式戦初登板で完全試合

2017年7月18日6時0分  スポーツ報知
  • 岡山大安寺中教校・中村は岡山御津戦に先発し完全試合を達成した(母・幸枝さん提供)

 ◆全国高校野球選手権岡山大会▽1回戦 岡山大安寺中教校7―0岡山御津(17日・倉敷市営)

 1年生が完全試合の大偉業だ。岡山大安寺中教校の中村源太投手が、1回戦の岡山御津戦で、夏の岡山大会では史上初のパーフェクトを達成した。

 公式戦初出場だった背番号16。前日に先発を告げられてからは緊張で眠れず、食事ものどを通らなかったが、マウンドに上がれば一変した。球速130キロ前後の直球とスライダーを低めに集めて10三振を奪い、内野ゴロ12、内野飛球3、外野飛球2。わずか97球で大記録を樹立した。「6、7回から『もしかしたら…』とは思っていた。歴史に名前を刻めて光栄ですし、何より勝ててよかった」と、チームの3年ぶりの初戦突破に声を弾ませた。

 小学2年からソフトボールを始め、中学で野球に転向。2年の春から投手になった。だが、中学時代は公式戦で一度も完封したことがなかった。自身の公式戦初完封が完全試合となった身長171センチ右腕。「次からは記録にこだわらず、目の前の試合を全力で戦いたい」と気持ちを切り替えた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ