【静岡】藤枝西・高野慧斗「あの場面燃えた」翔洋・奥村をK斬り

2017年7月18日8時0分  スポーツ報知
  • 足の痛みに耐えながら5回100球を投げた藤枝西・高野

 ◆全国高校野球選手権静岡大会 ▽2回戦 東海大静岡翔洋10x―0藤枝西=6回コールド=(17日・清水庵原)

 最速143キロを誇る右腕が、第1シードの強力打線に真っ向勝負を挑んだ。暴投や失策で3点を先行されたが、3回無死一塁では翔洋のクリーンアップを三者凡退に抑える。15日の1回戦では137キロを記録したが、「今日はもっと出ていたと思います」。

 だが右足の負傷が次第に制球を乱した。15日に熱中症で足がつって7回途中で降板。状態は肉離れに近く、1日空いても痛みが取れなかった。「バットを振ることができなかった」と4回のスクイズバントも空振り。5回の守備では先頭打者の一塁ゴロでカバーに全力疾走できず出塁を許し、球が高く浮いたところを打ち込まれて一挙5失点。6回から一塁に回ったが、代わった投手が2ランを浴びて夏が終わった。

 敗れはしたものの、翔洋の主砲・奥村は3打数1安打に抑えた。初回1死三塁では空振り三振に仕留めて「あの場面は燃えました」。その手応えを胸に、大学でも投げ続ける。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)