【山形】プロ注目の鶴岡東・吉住、3回戦敗退…プロ志望を明言「球団はどこでも」

2017年7月20日8時0分  スポーツ報知
  • 敗戦後はプロ志望を口にした吉住

 ◆全国高校野球選手権山形大会 ▽3回戦 山形中央12―5鶴岡東(19日・荘銀・日新)

 2年連続夏の王者の鶴岡東が3回戦で姿を消した。

 プロ注目の右腕・吉住晴斗投手(3年)は、初戦に続いてリリーフ登板。3点差を追う4回に登場し、最速147キロをマークしたが、6回に本塁打を浴びるなど5イニングで8安打5失点、7奪三振。甲子園には戻れなかった。

 試合後は「上でやるにはもっと力をつけないと…。進路はまだ分からないが、声をかけていただけるならプロでやりたい。球団はどこでも…」とプロ志望を明言した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ