明豊・浜田、8回逆転弾6年ぶり初戦突破「うれしかった」

2017年8月14日6時0分  スポーツ報知
  • 8回2死二塁、明豊・浜田が逆転の左越え2ラン本塁打を放つ

 ◆第99回全国高等学校野球選手権大会第6日 ▽2回戦 明豊7―6坂井(13日・甲子園)

 明豊は8回、1点差に迫り、なおも2死二塁の好機。背番号17の2年生3番・浜田太貴が逆転の左越え2ランを放ち、6年ぶりに初戦突破した。

 本塁打をよく打つ人を装い、ガッツポーズは封印。高校通算25本目に「『行け!』と思った。うれしかった」と笑顔があふれた。両翼95メートルの同校グラウンドでは、高さ20メートルの左翼ネットを越え、林に推定130メートル弾をぶち込む。OBのソフトバンク・今宮健太も飛ばしたことがあったという。次戦に向けて狙うは「ホームランです」と2発目を予告した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ