広陵・中村に巨人・鹿取GM「春の段階から1位候補。三拍子そろったとんでもない捕手」

2017年8月23日6時0分  スポーツ報知
  • 5回無死、広陵・中村が1大会個人最多本塁打記録を更新する6号を中堅左へ叩き込んだ

 ◆第99回全国高校野球選手権第13日 ▽準決勝 広陵12―9天理(22日・甲子園)

 広陵(広島)のドラフト1位候補・中村奨成(しょうせい)捕手(3年)が、初回に先制2ランを放つなど、2本塁打を含む4安打7打点の大爆発。今大会6本目のアーチで1985年にPL学園・清原和博が作った1大会最多5本塁打を一気に抜いただけでなく、大会最多打点、最多塁打の新記録も更新した。

 巨人の鹿取GMは、ドラフト1位候補に広陵・中村も含まれていることを明言した。中日戦(ナゴヤD)前に「春の段階から1位候補。三拍子そろったとんでもない捕手。比べられる選手のいないオンリーワンの選手。大学、社会人を入れてもあんな捕手はいない」と絶賛。巨人は最上位に早実・清宮を置きつつ、1位候補のAランクに約10人をリストアップ。清宮を軸に1位指名を絞り込む方針は不変とみられるが、ブレイク前から中村を1位候補に挙げていたという。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ