上原「充実した疲れ」東北で4年目野球教室に参加

2016年1月18日6時0分  スポーツ報知

 レッドソックスの上原浩治投手(40)が17日、岩手・滝沢市内で「トヨタ自動車株式会社プレゼンツ ボストン・レッドソックス上原浩治恩返し夢教室in岩手 ~希望郷いわて国体・希望郷いわて大会成功に向けて~」に参加。県内から集まった小学生約300人と約3時間交流した。キャッチボールでは自らボールを投げて指導。トークショーでは子供たちの質問に答えた上原は、「疲れたけど充実した疲れ。やってよかった」と振り返った。

 2013年の岩手・宮古を始め、14年は福島・南相馬、昨年は宮城・石巻と、東日本大震災で大きな被害を受けた地域で開いてきた野球教室は4年目。今年は被災した地域ではなかったが、「現場に行ってなんぼ。現役をやっている以上は続けたい」(上原)と、今後も被災地を訪れるつもりだ。津波被害を受けた沿岸部から参加した、宮古・磯鶏(そけい)バッファローズの鈴木優香さん(小5)は「緊張したけど、投げ方がきれいとほめられた」と笑顔をみせた。(有吉 広紀)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
MLB
今日のスポーツ報知(東京版)