カブス川崎「侍ジャパンは勝つ」先発で1安打2盗塁

2017年3月20日7時0分  スポーツ報知
  • 初回無死一塁、二盗を決めるカブス・川崎(左は田中)

 ◆WBC強化試合 カブス6―4日本(18日、スローン・パーク)

 カブスで「1番・遊撃」でスタメンした川崎は超全力プレーで侍ジャパンへエールを送った。初回。マウンド上の藤浪へ初対面ながらも「来い! 晋太郎!」と真っ向勝負を宣言。二塁内野安打で出塁すると、続くゾブリストの初球に二盗を成功。同点のホームを踏んだ。3回先頭では四球で出塁。またも二盗を決め、ゾブリストの中越え三塁打の間に勝ち越し点。3打数1安打2盗塁と暴れ回り、「今日は相手が悪かった。すごいハードラックだったと思います。明日から侍ジャパンは勝つ」とムネリン節をさく裂させた。

 試合前には一塁側の日本代表ベンチへ乗り込んで選手らにあいさつ。日本の国歌斉唱の際は一緒に歌った。06、09年のWBCで連続世界一に貢献した。「世界一になると確信しました。パワーやスピード。(日本代表には)強みしかない。野球の隙がない。負けることはないと思います」と3度目の世界一へ太鼓判を押した。(小谷 真弥)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
MLB
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ