世界一カブスの指揮官、楽天・松井欲しい~

2017年3月20日7時0分  スポーツ報知
  • 6回から登板した3番手の松井は1イニングを投げ1失点

 ◆WBC強化試合 カブス6―4日本(18日、スローン・パーク)

 思いもよらぬ評価に、松井が目をキラキラさせた。「うそだ。本当ですか? 本当ですか? うれしいです。マジですか? いいお土産になります」。1回1安打1失点ながら「すごく楽しかった」と笑みをこぼす左腕に、世界一の賛辞が贈られた。

 「今すぐチームに加えたい選手は?」と仮定の質問を受けたカブス・マドン監督が「2番手(実際は3番手)の左投手」と好印象を口にした。6回から登板し、先頭のボーテに初球を右越えへ運ばれたが、川崎は左飛、カラティーニからはチェンジアップで見逃し三振を奪った。

 チーム最年少だが、本大会は3試合で2回2/3を無失点、5奪三振。「WBCが終わっても、ひと回りすごみを増したと言ってもらえるように…」。心身ともに弾みがついたことは確かだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
MLB
今日のスポーツ報知(東京版)