マーリンズ、イチローの再契約否定的「新しい方向にかじを切った」

2017年11月15日6時30分  スポーツ報知

 マーリンズから来季オプション契約を破棄されてFAとなっているメジャー最年長野手イチロー外野手(44)について、マ軍のヒル編成本部長は「チームは新しい方向にかじを切った」と再契約の見込みが薄いとの考えを示した。

 球団はヤンキースの名遊撃手だったジーター氏が最高経営責任者に就任。予算削減とチームの若返りを進め、主砲スタントンらのトレードを計画している。また、12年間在籍していたマリナーズのディポトGMも「彼はチームにとってもシアトルにとっても遺産だが、補強すべきポイントがある」と前向きではなかった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
MLB
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ