ダルビッシュ6球団に絞った…ツイッターで“異例公表”

2018年1月12日7時0分  スポーツ報知

 ドジャースからFAとなっているダルビッシュ有投手(31)が10日、新たな移籍候補先として6球団に絞ったと自身のツイッターで明かした。米メディア「スポーティング・ニューズ」のマックス・ワイルドステイン記者がレンジャーズ、ヤンキース、カブス、アストロズ、ツインズが候補と報じたことを受け、「もう1球団あるのを知っている」と英語でつぶやいた。

 “残る1球団”は公にしていないが、ワールドシリーズ(WS)直後に残留を希望したドジャースの可能性もある。WSでは2試合とも2回途中でKOされたが、29年ぶりのWS進出に大きく貢献。フリードマン編成本部長は昨年11月に「納得のいく結論を出したい」と再契約に慎重な姿勢を見せたものの、すでに右腕と会談済みだ。これまでにド軍は14年打点王のA・ゴンザレスらを放出。エースのC・カーショーら有力選手がFAとなる来オフに向け、チームの来季総年俸をぜいたく税課税の基準額以下まで削減している。金銭面の“ハードル”は高いが、ド軍残留の選択肢も消せない。

 今オフのFA市場は動きが鈍く、昨季カブスで14勝を挙げたアリエッタら多くのFA選手の移籍先が決まっていない。FA選手が自ら移籍候補を“公表”するという異例のツイートが去就決定へ動きを与えるか注目だ。

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ