大谷、5日ぶりブルペンでカーブ交ぜ30球

2018年1月31日7時0分  スポーツ報知
  • 捕手を座らせ投球練習をする大谷

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が30日、千葉・鎌ケ谷市の日本ハム2軍施設で自主トレ。ブルペン入りし、捕手を座らせて30球を投げた。

 ブルペン投球は25日以来。捕手を座らせた状態で初めてカーブを9球交ぜた。力感のこもった投球を見せ、14日(日本時間15日)から米アリゾナ州テンピで行われる春季キャンプへ順調な仕上がりをうかがわせた。

 午前中の練習後に鎌ケ谷市の清水聖士市長(57)から勇翔寮内で激励のあいさつを受けた。同市長は「5年間鎌ケ谷市にいてくれて、ありがとうございますと。元気そうでしたけど、緊張感があった。鎌ケ谷市民がメジャーでの活躍を応援しています」と期待した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
MLB
今日のスポーツ報知(東京版)